折れない心 ーrescue J guy's blogー

元航空自衛隊のRESCUEパイロットが自分のやりたいこと、自分が何ができるかを発見できるようになる、折れない心(レジリエンス)について4つの原則を中心にお話ししてます。また、航空関連ニュースに対しての個人的な感想や意見もアップしています。

努力の解釈を間違えていた!

退職して、 就職したつもりで失職し、 焦り、 不安になり、 もがき、 そして進んできました。 先日、ある時にこんなことを言われました。それは・・・ 「もっと心地よくなって良い」 です! ハタと気づきました、自分が心地良いと思ったことをこの約2年間し…

陸自目逹原駐屯地 AH-64D 墜落について 2018.2.5(月)

まず初めに、今回の事故でお亡くなりになった方にご冥福をお祈りします。 2.5(月)18:25現在 情報によると、陸自目逹原駐屯地所属のAH-64Dが墜落しました。 16:45に墜落、炎上したとのことです。 この記事からの情報では、防衛省発表で整備後の試…

日本人は、「健康で元気に〇〇と」が良いようです。〜奈良県大和神社にて〜

新年を迎え・・・・ と、いつ迄たっても言ってそうでうが1月も下旬となりました。 今回は、神社のお話です。 今年の神社巡りは、 日本最古の・・・ 参道の長さが・・・・ 日本最古の 御由緒 拝殿での「試験合格」祈願 開運への道 今年の神社巡りは、 元旦初…

空が綺麗に見えるのには秘密がある。

空が綺麗だ〜 なんて思う日が最近本当に多いです。 その理由はたくさんあると思います。 冬は空気が乾燥してるので、空気が澄んでる。 だから、遠くまでスーッとみえますし、青色もなんだか三割増しくらいです。 でも、僕にとってはいつも空が綺麗にみえるん…

幸せの本質とは

さて、新年を迎えて幸せについて感じるままに書き連ねてきました。 なぜ私が幸せを感じられるようになれたのか。 それは、幸せの本質に気づいたおかげ。 今までとは何も変わらない環境が、 幸せの本質に気づいた途端に、 幸せな環境に変化しました。 まるで…

人生の後半は、◇をするかではなく、◯とするかが重要

昨日は、幸せについてお伝えしました。 今日はその続きです。 幸せを感じる秘密です。 仮に人生を80年とした場合、40歳前後で人生の折り返し地点を過ぎます。 私もそうでしたが、この歳になる頃から何か価値観みたいなものが変化して、 今までやってきた…

幸せとは

今日も、小林正観さんの言葉をお借りして、幸せとは、についてお伝えします。 以下、小林正観さんの本から引用 幸せというものは、 「今、足りないものを探して、手に入れること」ではなくて、 「自分がすでにいただいているものに感謝し、自分が恵まれてい…

幸せが100パーセントの状態とは?

幸せ100パーセント みなさんは何があれば、幸せ100パーセントですか? ・年収が1億円? ・健康? ・欲しいものがいつでも手に入る? でも、孤独であったら幸せを感じれますか? 本当に幸せな状態って、 「同じ価値観を持つ良き仲間に囲まれること」 …

本当の地獄とは、「◯◯」地獄である。

新年を迎え早7日が経ちました。 航空自衛隊を退職してから2回目の正月。 それを言い換えると、 「無職で迎える2回目の正月」 この1年数ヶ月の間、今まで当たり前のようにあったものが、 実は当たり前ではないという、 頭では理解していたことを身を以て…

向上心とは

あれもこれも手に入れるための人間の向上心 でも、本当に必要なのか? 「全ての事は全部、自分以外の方々のおかげで成り立っている」 そこに気がついて、 「感謝すること」のほうがむしろ 人間として向上すること、 なのかもしれません。 小林正観 もうひと…

初詣は人気だが、元旦初詣をオススメしない3つの理由

皇紀2678年を迎え5日が経ちました。 西暦2018年に660年を足すと、日本の始まりからの年齢である皇紀となります。 西暦、また太陽暦という海外の文化を取り入れることにより、日本は世界との交流をスムーズに行えるようになりました。 でも、自分…

皇紀2078年元旦 飛躍の年

あけましておめでとうございます。 今年は、日本国が大きく変化する年。 私も今年の春から新しい仕事を始めます。 皆様にあっては、どのような年になりますか。 今年も引き続き、皆様の平和と健康をお祈りします。

年間ベストセラー 売れた本ベスト20を見て感じたこと

今朝の新聞に、今年売れた本(28.11.26-29.11.25)という記事があったので、本好きの私としては、さて何が売れたのかな?と興味津々でした。 その中で感じたことを3つほど書きます。 1位 九十歳、何がめでたい 佐藤愛子著 小学館 2位 伝道の法 人生の「真…

年間ベストセラー 売れた本ベスト20を見て感じたこと

今朝の新聞に、今年売れた本(28.11.26-29.11.25)という記事があったので、本好きの私としては、さて何が売れたのかな?と興味津々でした。 その中で感じたことを3つほど書きます。 1位 九十歳、何がめでたい 佐藤愛子著 小学館 2位 伝道の法 人生の「真…

「折れない心」に必須の判断力を磨くためにやるべき意外なこと

はてなブログを始めてから、自身の日記のような記事はあまり書いていなかったのですが、少しづつ思っていることを吐き出して生きます。 今日は、 「判断力を磨くのに必要なこと」 として、今自分が取り組んでいることをつらつら書いて生きます。 判断力って…

群馬県 ヘリ墜落 東邦航空 パイロット視点での現在時点での墜落原因推測

平成29年11月8日午後2時半ごろ、東邦航空(本社東京)のヘリコプターが群馬県上野村に墜落しました。 まず初めに、事故でお亡くなりになった4名の方のご冥福をお祈りします。 9日(朝)現在でのネットで拾えた情報を集めましたので参考にしてください…

8月26日に墜落した海自ヘリが海底で発見・・・・。空自ヘリは未だFDRが見つからない。

海自ヘリ海底で発見 空自ヘリの行方 最後に 海自ヘリ海底で発見 8月26日午後11時過ぎに青森沖で墜落した、海上自衛隊SHー60Jが周辺海域の海底2600mで発見されたと報じられました。 www.asahi.com 行方が分からなかった隊員3名も機体の中で発見さ…

空自救難ヘリの事故について思うこと

先日投稿した記事を多くの方に読んでいただき、救難隊がいかに過酷な訓練をしているかを理解する一助になれば嬉しいです。 現在(平成29年10月19日(木)16:00)のところ、乗員は以前行方不明で関係機関の必死の捜索活動が続けられているところです。 前回…

空自ヘリ(浜松救難隊) 夜間洋上救難訓練について知っておいて欲しいこと(私見)

29年10月17日18時頃、航空自衛隊浜松救難隊の救難ヘリコプターが浜松沖で墜落(現時点での状況)し、機体の一部が見つかっているが、乗員4人の行方が分かっていません。 当該機の機長は、私の同期生ということもありますが、もともと搭乗していたヘリコプ…

沖縄 米軍ヘリ事故 炎上について思うこと

今回も、思うことを私見で書いていきます。 まずは、ネットで拾った情報を貼り付けます。 www3.nhk.or.jp www.okinawatimes.co.jp 事故は無くなるか 米軍機の事故 沖縄の立場 物事の捉え方 私の捉え方 終わりに 事故は無くなるか 事故は無くならないです。 …

陸自LR-2 事故調査結果の公表に関する報道について(私的感想)その2

はじめに なぜ自走装置が切れたことに、クルーが気づかなかったのか 固定翼機の経験から 警報について 航空自衛隊での事例 実は、 ヒューマンエラー オートパイロットの解除 推測1 推測2 私的結論 副次的要因 はじめに 前回の(私的感想)その1に質問が在…

陸自LR-2 事故調査結果の公表に関する報道について(私的感想)その1

平成29年5月15日、北海道函館空港へ災害派遣任務中に陸上自衛隊連絡偵察機 LRー2が墜落しました。搭乗していた隊員の皆さんのご冥福を改めてお祈りします。 昨日(平成29年9月13日)事故調査報告が公表されたことをマスコミ報道で知りました。 事故原因につ…

折れない心というものは、いつ、どのように身についていったのか?

折れない心というものは、いつ、どのように身についていったのか? こんな回答が多い 折れない心の概念 職場と家庭でのストレス状態 そんな状態がいつ好転したのか? 安心と安全 ー 素の自分をさらけ出せる場所 前向きな言葉 ー ポジティブな姿勢 安心、安全…

初の?航空身体検査

高校を卒業して以来、初めて民間病院での身体検査を受験しました。 しかも、航空身体検査です。 自分の忘備録として、今回受験したことを記録します。 航空身体検査とは 航空身体検査受験 航空身体検査の項目 身体検査には賞味期限がある 前職(航空自衛隊)…

航空無線通信士

今日は、無線の免許の再交付に行って感じたことをお伝えします。 免許の再交付を受けに行った理由 自衛隊って無線の免許いるのか? 自衛官が総務省の免許を取る理由 私が取得した理由 結論 免許の再交付を受けに行った理由 僕は自衛隊の航空機を運航している…

富山県立山 小型機墜落で思うこと

小型機墜落の報 携帯電話の威力 小型機からの通報 捜索する側から見た、小型機事故の特徴 まとめ 小型機墜落の報 6月3日(土)のネットニュースで事故を知りました。 www.sankei.com 今回のニュースで特筆なのが、事故機に登場している人自身からの連絡で…

陸上自衛隊 偵察機 LR-2 事故原因の憶測について(参考意見)

函館で墜落した陸自機の事故調査がはじまりました。 はじめに 最後の管制指示で高度1000mの指示 馬鹿な指揮官が天候が悪いのに命令した結果事故が起きた フライトデーターレコーダーの未搭載について まとめ はじめに いろいろな方が事故原因を推測され…

陸上自衛隊偵察機 LRー2 災害派遣中の墜落から考えること

今回は、ある方から今回の事故について、パイロットとしてどう思うか質問を受けたので、この場を借りて少し話したいと思います。 まず初めに 事故の要因 事故調査 事故調査は何の目的があって行うのか 今回の事故に関して思うこと 私見という罠 まとめ まず…

折れない心 精神編 小型機墜落〜パイロットが考える最悪のシナリオ

米ワシントン州で小型機が墜落する模様が、車載カメラの動画で報道されていました。これを見て、パイロットとして訓練していきたことを思い出しました。 www3.nhk.or.jp 離着陸時に一番事故が多い理由 離陸時 着陸時 自身が経験したトラブル ①エンジン計器が…

折れない心 心理編 自衛隊 女性戦闘機パイロット養成  

陸上自衛隊、女性戦闘ヘリパイロット養成 今回のニュース、 そもそも、女性自衛官はどのくらいいるの? 航空自衛隊の女性パイロット 僕が入隊した頃の時代背景 平成5年(1993年)入隊 フライトスーツの色 航空自衛隊、初の女性パイロットは・・・・ 女…